SPELLBOUND pipico Vr


11031年、神々が治める世界に異変が起こった。
裏切り 偽り 妬み 謀略 嫉妬 怒り
神々同士の争いは激しさを極め、世界にはどす黒い呪いが渦巻いた。
ついに、神はたった独りを残して死に絶え、神は意志をかわす相手を失った。
そしてそれは、地に住む者へも影を落とした。
これより地の者は、みずからの「心を他者へ伝える術」を永久に失ったのである。
「かつて神に最も愛された偉大なる者」は、これに代わり「言葉」を作り上げるが、
それは正確さに欠け、誤解を生み出すだけの力しか持っていなかったため、
地は「嘘と間違い」で満ちあふれた。
しかし、地に住む者どもはそれを受け入れてしまった。
自らの「内側」を「外側」から隠すのに都合がよかったのである。
地の者どもは、自らの内側を覗くのを避け、他者の内側を正視するのをやめた。
「閉じていた目を開く者」は、あまりのおぞましさに自らの命を断ち、
「寂しさに目を閉じる者」は、自らのために「虚」の中に逃避した。
地はすでに、手後れに近い状態だった。
その昔、死者は神の元へ迎えられると信じられていたが、
今となっては死者は地中で朽ち果てるのみである。
それは、死者にとって幸いな事であった。
唯一残った神の怒りや憎しみはいまだ静まらず、呪いだけが鉾先を探している。
まもなく神は、この出来損ないで醜悪な世界を終焉させるであろう。

終焉を前にして、我々に出来る事など、何もないのだ。


Game Start !


RPG SCRIPT SPELLBOUND